<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
道楽
4月30日 (土) 快晴。

藤枝おんぱくプログラムno.80 眠っていた着物を目覚めさせて新緑の朝比奈で野掛け遊ぼう!が開催されました。
c0353953_22253300.png
参加者それぞれに思い出や思いのあるお着物を着付けてもらい、楽しい時間をここ野掛け・椿茶屋で過ごしていただきました。なんの目的があるのではないのだけれど、ただ着物を着て過ごすという、本当の道楽。

道楽とはもともと仏教で道に耽って楽しむこと、学問、悟りの道に没頭することをいうらしい。今の世の中、学者でさえ無意味に没頭したりすることが許されない時代、研究が直接経済と関係していないといけないとか。(そんなことが原子力村の御用学者を育てたのだろう。)

藤枝おんぱく、おんぱくとは温故知新博覧会の略称らしい、僕が思う温故知新とは深みのある文化のことで、道楽のようにちょっと無駄な時間を過ごさないと分かってこない文化のことだと思う。








[PR]
by shiro-tsubaki | 2016-04-30 22:59 | 椿茶屋 | Comments(2)
雑草という植物はありません
4月29日(金・昭和の日)  晴れ一時にわか雨。


c0353953_22141634.png
イタドリという野草を知っていますか。

昔、小学生のときにイタドリを何度も何度もスケッチした。最終的には彩色してボタニカルアートのようなものを描いた。担任の先生の指導によるのだが、ただよく見るだけでなく、イタドリのことをいろいろと調べた上で描くとよいということだった。

調べてみると、驚いたことに戦前戦中は葉を乾燥させてタバコにしたことや、茎を食料にしていたことがわかった。その時は実際に口にすることがなかったのが今となると残念だ。

本好きの姪と椿茶屋の店番をしている時に、その姪が有川浩の「植物図鑑」という本が面白かったというので、早速読んでみるとその中にイタドリの章があり、登場人物が料理して食べるのだが、とても美味しいというのだ。特に高知ではみなが争って採るほどだとか。

ここの里山では誰も採る人もなく、川辺や竹林にはイタドリが至る所にある。小学校のときには口にすることができなかったので、あらためて挑戦してみようとおもったのだが採ったイタドリの葉が小学校の時に描いたものと形状が違うような・・・・。

小説「植物図鑑」でも書かれているが、野草山菜は相当に確信があるものしか口にしてはいけないそうだ。毎年かなりの人が中毒をおこしているのだ。

そこで、お客さんにきたご年配の(大)姉さんにみせてみると、やはり僕の勘違いだった。あらためてイタドリだとおぼしきものを採ってきてみせると、今度は正解。やはり、確信があるものしか口にしてはいけない。

(大)姉さんたちに、イタドリを食べたことがあるか訊いてみると、子供のころはおやつ代わりだったという。物がない時代だったから、生のまま食べたという。太い茎を皮を剥いて食べるのだそうだ。細いと繊維ばかりて美味しくない、お前はそんな物を食べようというのかという目をして、椿茶屋のケーキを食べている。

僕はたまたま小学生のときに熱心に描いたことがあるので名前を知っているが、今となっては採る人もないままになっているイタドリ。

「雑草という植物はありません」とう昭和天皇の言葉が、小説「植物図鑑」には引用されている。今日は昭和天皇のお誕生日でした。



[PR]
by shiro-tsubaki | 2016-04-29 22:22 | 里山暮らし | Comments(0)
障子の張り替え
4月28日(木) 雨。

雨の一日。
藤枝おんぱくのプログラムが近づき、2ニャンに破られ、少しまえに剥がして洗っておいた障子の張り替えに着手。
2ニャンのおかげで、障子張り替え上手になっていることに、自分で驚いた。わけなく、張り替え終了。

c0353953_00582942.png

「世話かけて、ごめんなさい」とは思ってないな。



[PR]
by shiro-tsubaki | 2016-04-28 23:49 | 里山暮らし | Comments(2)
バイクスタンド
4月27日(水) 曇りのち雨。

藤枝おんぱくの野掛け・椿茶屋協賛プログラムの日程が近づいてきた。
今日は自転車の長島さんが、バイクスタンドを制作しに来てくれた。
c0353953_19561964.png


椿茶屋の前の竹林から切り出した竹を使ったバイクスタンドです。
長島さんお疲れさまです。


[PR]
by shiro-tsubaki | 2016-04-27 20:01 | 椿茶屋 | Comments(0)
プロの仕事
4月26日(火) 晴れ。

第四火曜日、野掛け【椿茶屋】は定休日。

お茶小屋の改修工事、ここまでほぼ一人でボチボチとしてきた改修工事。ここに来てどうしても手に負えない板金工事。件の板金屋さんに発注。
僕がやった下地なので矩がでていないのに、さすが、プロ。さささっと仕上げてくれました。

c0353953_23234128.png

定休日にもう一人のプロが野掛け・椿茶屋にきました。
松の剪定。先日、小さいほうの松を剪定指導してくださった。その時には、今日剪定した大きいほうの松は、樹形が崩れすぎていて、手の施しようがないといっていたのだが、どうも気になるので、別の用事で朝比奈にきたついでに、手を入れてくれることに。


c0353953_23234293.png

少しづつ、剪定する時の「忌み枝」について教えてもらっている所です。
「忌み枝」とは、樹形を崩す枝のことで、庭木と盆栽ではすこし違うようだが、樹形をくずしたり、日当りが悪くなり病気になったりするのを防ぐための不要な枝のことだ。

漠然と枝ぶりを眺めていても見えてこないことが、「閂枝」とか「腹枝」などと言語化してもらうと理解できる。樹木のような基本フラクタルな形態でも微妙な差異の積み重ねで大変複雑な形をしている。それでも言語によって構造化をすることが出来る。

今日の収穫、白菜の種。

c0353953_23234222.png






[PR]
by shiro-tsubaki | 2016-04-26 23:53 | 里山暮らし | Comments(0)
父の命日
4月25日(月)、晴れ。

月曜日は、野掛け【椿茶屋】は定休日。

ここ静岡は岡部の朝比奈へ横浜から転居してそろそろ丸々1年。
大学進学を機に30年以上暮らした横浜を離れる決心をして、転居を実行した。
隠居には早いのではと言われたりするが、今日命日を迎えた義父が亡くなったのは、26年まえ、御歳53の時だった。僕らも、そろそろその歳に近付いている。

義父は突然の事故死だったので、相方はそれが寿命だとあきらめるしかなかった。それを思えば、僕もいつ寿命がくるか分からないわけだから、アーリーリタイヤメントもありかというわけ。現実はなかなか簡単ではなく、かえって今までより忙しい。

義父の命日といえば、大学を卒業してデザイン事務所勤めを始めたときがセットで思い出される。と言うのも、3月卒業してしばらく就職先が決まらないで研究室に出入りしてぶらぶらしていたので、4月下旬というのに就職してまだたった4日目の朝、事務所に義母から電話があり義父が運ばれた病院へ向かうことになった。

病院から帰る途中で事務所のボスに電話をして、早退を謝り、就職してまだたった4日目にして、しばらくお休みをもらった。すぐにGWだったのは幸い(?)。当時、まだ僕と相方は結婚していなくて同棲だったが、事務所のボスたちもそのような経験があったので、すべてを話さないがなんとなく理解してもらえた。

振り返れば、大学卒業しても就職浪人、その大学も学部を二つ卒業したので合計7年在籍しているし、同棲して入籍したのは40過ぎだったし、とまあデコボコ人生ではあるが、53歳でなくなった義父の人生も相当波乱万丈だった。たぶん普通の人生なんてものはなくって、人それぞれ案外デコボコなんだろう。

まあ、デコボコついでに、人生の後半戦?終盤戦?を楽しみたいと思います。義父の命日に。

c0353953_00563213.png








[PR]
by shiro-tsubaki | 2016-04-25 23:53 | 里山暮らし | Comments(0)
ミツバチの巣 フジバカマの苗
4月24日(日) 晴れ。

朝早く、車がとまったと思うと、小さな貸農園のかくちゃんがミツバチの巣箱を持ってあらわれた。
野掛け・椿茶屋の裏庭の紅葉の木陰に巣箱を置いていった。半日陰のちょっと高くなった所がミツバチのお気に入りなのだそうだ。
今年はミツバチが少ないそうだが、入ってくれるかな。

そうこうしていると、高柳のyさんがフジバカマの苗を持ってあらわれた。
野掛け・椿茶屋の庭にフジバカマを増やして、浅葱斑を呼び寄せようという計画だ。フジバカマは浅葱斑の食草なのだ。

そのほか、兄が実家の近所であまなが唐辛子の苗をみつけて、3鉢購入してきてくれた。

野掛け・椿茶屋にはいろいろな人が集まったくれるし、いろいろな草木や生き物も集まってくれます。



c0353953_22055346.png
フジバカマと浅葱斑 photo by 高柳のyさん



[PR]
by shiro-tsubaki | 2016-04-24 22:22 | 椿茶屋 | Comments(0)
バンクーバーからのお客様
4月23日(土) 晴れ。

JAの筍の受け取りも27日までとなり、最後の追い込みで農家さんたちも大変。また点茶の菰掛け新茶の準備も始まり、朝比奈が最も活気を帯びる時期ですが、野掛け・椿茶屋は相変わらずのんびり。

カナダはバンクーバーからのお客様とのんびりと記念撮影。
バンクーバーとは最近何かと縁があります。一度訪ねてみたいものです。

c0353953_21310691.png

本日は、つばきの会作業日。剪定した枝集めをした。

作業終了後、今度は椿茶屋ガーデンの松の剪定。
すっきりいたしました。

その後、椿茶屋ファームへ里芋などを植え付けました。

c0353953_21310682.png

ゴールデンウィークのカレンダーを掲載いたします。

c0353953_22331384.png
c0353953_20502206.png











[PR]
by shiro-tsubaki | 2016-04-23 22:02 | 椿茶屋 | Comments(2)
あざみの花
4月22日(金)、晴れ。

花言葉は"独立"
c0353953_02502330.png
昨日からの雨があがり、今朝は春の陽一杯の野掛け【椿茶屋】。
お客さんもさぞやと期待するも…、空振りに。
それでも、開店前には、かくちゃんファームの大石さんが珍しい山菜のこしあぶらを見せに寄ってくださり、それから"龍の娘"の尾崎さんが多目的籠を譲りに立ち寄ってくださったり、そうして午後には、先日コンサートにお越し下さった方が著莪(シャガ)の花を見に訪ねて来てくださったり、ご近所の板金屋さんに、浄化槽の集金係さん、それから、クロネコヤマトさんが連れ合いの携帯電話を届けてくださったりと何かと人の出入りのある一日となる。

にんげん以外の生き物では、つばき園へと抜ける竹林の道で久しぶりに沢蟹に出会ったり、それから、春菊が次から次へと出てくる畑ではアゲハ蝶がヒラヒラ飛び回っていたり、大きなクマバチが庭の藤の周りに羽音を立てていたり、耳を澄ますと沢の水音に負けずと、春の虫の音が聞こえ、カエルの声も響いてくる。
c0353953_02515455.png
横浜に居た時も都心にしては緑の多いところだったが、ここには敵わない。
里山の生き物たちの多いこと!

小さな命が一生懸命生きている。

3.11が起きて、5年が経ち、今の日本国を眺めるに、いつ天に召されるか知れない世界に突入している。

いろんなことに想いを馳せながら、残された生を大切に生きようと思う。


うちの猫くん。
いつも懸命に眠っているが、外の私に気づいて顔を上げる毛布。
c0353953_02504059.png




[PR]
by shiro-tsubaki | 2016-04-22 23:57 | 里山暮らし | Comments(0)
爺(じじい)Talk
4月21日(木)曇りのち雨。

雨の野掛け・椿茶屋。
先日のラジオ中継ネタで引っぱります。

ラジオのレポーターが乗って来た中継車スクーピー号。車のサイドにはSBSラジオの周波数1404の数字。
手際よく中継の準備をしているのは若いレポーター。
「1404の前は1400だったって知ってる」と聞いてみた。
「え、知りません。」と何のことか???という感じ。

そうSBSと言えば「♩イチ〜ヨンマル〜マル〜SBSラジオー♩」というジングルの方をまだ憶えている人も多いのではないだろうか。1970年代に全国にラジオ局が増え、既存局の周波数の整理がされたときに、「♩イチ〜ヨンマル〜ヨン〜SBSラジオー♩」に変わって、語呂が悪いなと思った記憶がある。局員だとしても若手となるともうそんなこと知る由もないのだろうね。謎なおじさんの言うことは無視して、一瞬止めた手を中継準備にもどした。
c0353953_21072310.png

大きな会社や長い歴史のある会社はそこで現在働いている人より社外の年配者のほうが、その会社や製品について詳しかったすることがある。

先日、Appleの電話サポートを受けたとき、流石に今「漢字Talk」のサポートを受ける人もいないだろが、若いアドバイザーが「漢字Talk」を知らないのには驚いた。

ハイパーカード、キッドピクス、アップルワークス・・・。なんのことか分からない人のほうが多いのでしょうか。なんだが「漢字Talk」ならぬ「爺Talk」になってきたのでこの辺で。


[PR]
by shiro-tsubaki | 2016-04-21 22:22 | 里山暮らし | Comments(0)



椿の里に暮らす
by shiro-tsubaki
カテゴリ
全体
移住準備
里山暮らし
椿茶屋
改修
お茶仕事
デザインのこと
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
最新の記事
お内裏様は右側?左側?
at 2017-03-03 22:25
岡部宿散歩
at 2017-02-12 21:53
紅梅と月
at 2017-02-02 21:32
風花
at 2017-01-14 22:13
満月の次の夜
at 2017-01-13 21:42
椿のシーズンが来ました。
at 2017-01-11 17:45
白菜
at 2017-01-10 22:56
野掛け・椿茶屋 閉店のお知らせ
at 2017-01-04 15:06
年内お休み
at 2016-12-25 17:59
営業許可の電話がありました
at 2016-12-17 21:02
保健所の施設調査が完了!
at 2016-12-15 20:13
単管で棚作り
at 2016-12-14 18:41
鍼灸院
at 2016-12-13 19:27
ぶどうの蔓
at 2016-12-12 17:52
お澄ましヴィヴィちゃん
at 2016-12-11 23:19
クリスマスアレンジ
at 2016-12-10 18:50
お金より命
at 2016-12-09 20:37
長ーい物 リンゴ飴
at 2016-12-08 17:05
おでん旗
at 2016-12-07 17:58
多肉植物のクリスマスアレンジ
at 2016-12-06 19:00
検索
最新のコメント
成る程。 我家の仏壇で..
by masaaki at 12:57
> masaakiさん ..
by shiro-tsubaki at 07:55
相米 慎二監督の風花って..
by masaaki at 12:37
なんと立派な白菜。うらや..
by cyanagitani at 03:01
早めに営業終了ですね。 ..
by masaaki at 22:33
イブですね。静岡に向かっ..
by ムギママ at 09:57
営業許可取得おめでとうご..
by たがやすべえ at 19:32
> ゴン太ままさん な..
by shiro-tsubaki at 23:34
> ムギママさん あり..
by shiro-tsubaki at 23:33
営業許可がおりて、本当に..
by ムギママ at 21:59
外部リンク
お気に入りブログ