<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
竹の籠
30日(火)、まぁ晴れ、夕刻より雨。

早朝、箱根の山が噴火したような情報がtwitter上に流れていて、7時のNHKラジオから関東で地震が発生したと報じていた。

まぁ、この島国は、4年前より"フクイチ有事"であり、だから、コッカ非常事態宣言が出ていないが非常事態が続いていると思っているので、地震や山の噴火が起きても然程もう驚かない自分がいる。

それでも、今年の半分が終わる日に、新幹線で焼身自殺?を謀る御仁が現れたりすると、やっぱり世の中おかしいんだと改めて考えてしまう。

どこから、おかしくなったんだろう?
そんなことは、散々検証して得た自分なりの答えがある…。
まぁ、種類の違う原発を2発も落とされ、人体実験の検体にさせられた広島・長崎の無辜の人々を始め、おびただしい国民の命が消されたにもかかわらず、東亜戦争などと勝手に名付けてイケイケドンドンで戦火を拡大して、一億玉砕へと導いた張本人たちを処分出来ないまま、大敗戦を終戦とすり替えて、あろうことかその張本人たちをコッカの中枢に置き、米国の植民地として今まで来てしまったからでしょ?

敗戦後70年経過して、コッカがやってきたことは食料自給率が4割欠ける、まるで国民の生命と財産を無視した米国の都合のための農政であったのであり、更に人類史上経験の無い原発4基爆発の惨禍が進行中の、こんな状態で為政者たちは戦争法案成立に邁進しているのだから、本当におかしいというか、発狂状態にあるのではと、こんなのどかな里山にいて、ついつい妄想してしまう。

そう、何が言いたいかって、この日本国の有様を認知出来ずに、目先の便利だとか、安いだとかで、意識もせずに共生してきた身近な植物や生き物の力を削ぐ暮らし方に変えられてしまって、それが豊かなニンゲンの暮らしだって、思わされてきたことに一因があるんじゃないかなぁ。

先日、収穫したモロッコインゲンを届けにきてくださった近所のYさんと農具の話になった時、「昔は、プラスチックがなかったから、石箕(いしみ)は竹だったんだよ。なんでも、ここいらの竹で作ったもんだよ。おやじが作った竹の籠がうちにもたくさんあったよ。」っとおっしゃった。
「竹で作ったものって、やっぱりいいですよね。昔の方が手がかかった分、何でも豊かですよね。」っと、お答えしたら、今日は、そのお父様が作られた竹の籠を三つも持ってきてくださったのだ。

↓これは、昭和36年作のもの!今から54年も前の籠だけど全然痛んでいない。
c0353953_00331134.png
c0353953_00334184.png
竹は勢いがよくてどんどん浸食していってしまうから、嫌われモノになりがちだけど、
この【現代農業】2009年4月号[特集]ありっ竹使い切る に、竹がどんなに有益な植物であるか、そのパワーが書かれている。
c0353953_00343281.png
粉砕してパウダーにしても、チップにしても、炭にしても、いろいろな使い道があり、またその威力が凄いのだ。

折角、竹林が身近にある場所にいるのだから、畑の肥料や道具として、上手に使っていけたらといいなぁ…。
ちょっと前の昔の人のように、自然の恵みを大切に生活に取り入れて、豊かに暮らして行きたいなぁ…。


今日の収穫:
I's farm なす2 ピーマン4
My farm なす1 きゅうり1
c0353953_00345121.png

おまけ
昨日見えないのでどうしたのかなぁっと心配だったシオカラトンボ君!
元気にいつものアンテナに来訪いただきました!

c0353953_00582289.png






[PR]
by shiro-tsubaki | 2015-06-30 23:30 | 里山暮らし | Comments(0)
茶畑
29日(月)、曇り時々晴れ。

私たちが暮らすここは海抜57m位にあり、周囲は山と川に囲まれている。
だから、もう7月を目前としているのに、今日のような、お日様が隠れがちな日は、まだまだ長袖を着てちょうどよい。

今日は、お茶農家のI家のSさんのアドバイスがあり、来シーズンに向けて茶畑の刈り込みを急遽することになって、夫が奮闘した。
c0353953_22550194.png
世の中がどうなるか、っという日本国はいろんな意味で切羽詰まった局面ではあるが、緑豊かな周辺の自然を多くの人々に利用していただけるような、"野掛け"茶屋開店を目指して、お茶工場であった小屋を改装したりと忙しい。

でも、茶畑の茶の木は、生ものであるから、今が苅り時と言われればすぐにやるしかない。
c0353953_23003126.png
この一人用の茶刈り機は、結構重たいらしく、途中休憩を取りながら、約2時間強の作業は大変しんどかったよう。
しばらく、右手が肘より上に上がらなかった位だから…。

夕刻、水やりに裏山の畑にいくと、先日種まきしただいこんが芽を出していました。
c0353953_22590195.png
カブの葉っぱととっても良く似てるんですよね…。







おまけ:
今日の収穫
c0353953_22422085.png
I's farm なす 3

My farm キュウリ 4

本日も大漁だ〜!





[PR]
by shiro-tsubaki | 2015-06-29 22:40 | 里山暮らし | Comments(0)
半白キュウリ
28日(日)、晴れ。

昨日に引き続き、よいお天気。

今日は、来客が多かった。
日曜日だしね。
でも私たちにはお休みの日というのは、基本ない。
というのも、公務員でもないし、サラリーマンではないし、ましてや今、
農に軸足を置き、この自然溢れる豊かな山里の一部を、人が集える場所にしたいとの思いで、
少しずつ手を入れている最中だから、なおさら。

昨日は、2回間引いた水菜に小さな青虫が沢山着いて、葉を食べ荒らしているのを発見し、
一つずつ取り去ったり、プチトマトとミディトマトの苗を、
塔がたったサニーレタスを一本引き抜いて、土を足し、植え替えたりした。

葉から下の長い茎の節は、収穫後の跡↓
c0353953_19211462.png
本日は、再び水菜の青虫チェックをし、初めての収穫となる半白キュウリ1と普通のキュウリ2本を採る。

↓これが、半白キュウリをカットしたところ。(立派に成長した勇士を撮り忘れちゃったので…)
c0353953_00093127.png
普通のキュウリに比べて、色は表皮がその名のとおり半分白っぼいのに、中は薄緑。
種が果肉ピッタリくっ付いていて、みっしりとした歯ごたえがあり、うっすら甘い。
ポリポリっというよりも、ギュギュっといった感じ。

品種により、同じキュウリでもかなり食味が違うんだよね。

初めて挑戦する野菜作りは、果実だけ買って食べていては決して見えなかった、たくさんのことを教えてくれる。

世の中は、安全保障関連法案のバカさ加減に衆目が集まっているようだけど、本当に国民の安全保障を考えるのなら、
自給率を100%にすることが先決じゃないかとつくづく思う。

tppに前のめりだったり、この期に及んでまだ原発再稼働などと真顔で進める日本国は、
もしも戦争をやりだしたら、即座に兵糧攻めとピンポイント原発爆撃にあって、また玉砕だよね。

っと、作物をいじりながら、ついつい妄想してしまいました…。(ヤバ)



今日の収穫
My farm キュウリ 2、半白キュウリ 1。

おまけ
c0353953_00240763.png




[PR]
by shiro-tsubaki | 2015-06-28 22:45 | 里山暮らし | Comments(0)
夏の虫2
27日 晴れ 午前中、椿園作業日。

ブログを書いているのは、昨日横浜の大学に出かけていて帰りが遅くなり、水割りを一杯飲んだらバタンキューだったので、相方が書いたブログを読まずに寝てしまった夫の方。

大学では、学生が黒いスーツを着ていて「就活です」と冴えないあいさつ。やりたいことやれよと言いたいが、それも無責任かなと思いとどまる。

朝ブログを読んで、今日は僕がブログを書くことになるなと思った。
どうして僕がブログを書くことになると思ったかといえば、相方は夏の虫について書いていて、「虫の声」のサイトをリンクしているが、その管理人は偶然にも私の小さいころからの友達なのだ。

彼のサイトは「虫の声」と検索すればトップに上がってくるぐらい有名なサイトなのだ。だから、相方は「虫の声」と検索してトップだったのでリンクを張ったのでしょう。そのことを相方に話すと驚いていた。

管理人の彼は、子供のころは天体観測に夢中で、天文学者になりたいとよく話していたのだが、家業を次ぐことになりその夢はかなわなかった。

帰省したときにときどきあうだけだったが、天体観測の熱も冷めたようで、山に行ってはキノコなどを採取するのが趣味になっていた。その後、「虫の声」と言えば彼のサイトと言うぐらいになった。

僕の職業はデザイナーだが、もしもデザイナーになっていなかったらと聞かれることがたまにある。そんなときは即答で、録音技師と答える。

子供のころデンスケの洗礼を受けたのが影響しているが、録音技師(レコーディングエンジニアではなく)に憧れていた。
とくに「野生の王国』みたいな番組の録音技師になり、世界中を飛び回り、大自然のなかで仕事をしたいと夢みていた。

でも考えてみると録音技師という職業に憧れているだけで、録音することそのことが好きだったのではなかったのかもしれない。
そうしてみると、「虫の声」サイトの彼のほうは、どんどん実践して録音技師になってしまっているのですから、羨ましいかぎりです。
天文学者志望だった彼には、相方が言うように、虫の声に宇宙を感じるのかもしれない。

なにかの職業につくのではなく、実践した積み重ねがその人の職業や肩書きになるはず、学生の黒いスーツを思い出しながら。

今日の就活ではなく、収穫。
c0353953_19205745.png
I's farm なす2 ピーマン1
My farm キュウリ2 ピーマン1 シシトウ9

その他の報告、かぶの芽がでた。
c0353953_19210665.png


[PR]
by shiro-tsubaki | 2015-06-27 21:13 | 里山暮らし | Comments(0)
夏の虫
26日(金)、9時ごろからその後ずっと雨…。
c0353953_03231869.png
雨の音に混じって、虫の声が聴こえる。
秋の虫ではないので、夏の虫ということだろうけど、
虫の音は秋!っと私の脳にこびりついていた固定概念が崩れて、ちょっと嬉しい。

少し調べてみたら、ナツノツズレサセ とか ツズレサセコオロギ など
結構な種類の虫たちがいるよう。

*ここクリック→ 鳴き声検索

漆黒の闇から聴こえてくる虫の音は、心の清涼剤といった感じ。
大音量ではないけれど、鼓膜を震わせ、身体の奥の奥まで届く、まるで細かな見えない"音の鍼"。
全身のツボに効く感じ…。
周波数という言葉があちこちで聞こえてくるようになったけれど、
この虫の音は、宇宙からの音波のようでもあり、身体の中の細胞の核の回転音でもあり、耳を澄ませば澄ますほどに、いろんなイメージが湧いてくる。

というのも、今日は雨のために野良仕事はやめにして、近々出演するコンサートの練習に時間を費やしたこともあり、音や声に焦点があってしまう。

歌は、詩があるものがほとんどだから、とっても文学、物語の要素が強くなってしまうのだけど、
この虫の音のように、純粋に音としての価値を失うことなく保ちたい。
詩や物語の世界を、本能で心地よいと思う音色を奏でられることが出来たら、真に音を楽しむことが出切るんじゃないかな。
全身のツボに届く"音の鍼"のような声を発したい。
でもね、こうしたい、ああしたいと意志が出ちゃダメだとも思う。
虫の音が漆黒の闇と一体になっているように、私も音楽と一体に…、
はぁ、いつになっても難しいです…。

そんな、こんなを虫の音が妄想させてくれました。


今日の収穫は、ジャンボキュウリ! 1ヶ
c0353953_03344068.png
おまけ
今夜のお夕飯。夫に「またお寿司!」っと言われた。そう、また作ってしまった…
c0353953_03370908.png




[PR]
by shiro-tsubaki | 2015-06-26 23:05 | 里山暮らし | Comments(0)
笹の葉
25日(木)、晴れ。
c0353953_22430733.png
三日連続の晴れの日。梅雨の合間のお天気で、畑仕事がはかどる。

今朝は、まず、さつまいも畑の隣を拡張するため、草取りをして耕し、苦土石灰を入れた。
c0353953_22210723.png
それから、裏山の畑へ向かい、昨日種まきしたかぶ畑の隣に、大根の種を蒔き、
その隣に、ポットで育てたエゴマを植え替えた。

この、緑の草を取り去ってしまった茶色い畑は、うっかりすると水分が蒸発してカラカラに土が乾いてしまう。
だから、よく見かけるように黒いポリフィルムで覆うやり方が普及しているんだけど、
ここ【椿茶屋農園】では、竹林に無限にある笹の葉の落ち葉を集めて、このフィルムの代用にしようと思い立ち、実践している。

c0353953_22355752.png
如何でしょう?
これ、使用後はそのまま土に還るから、エコでいいアイデアだと思うんだけどね…。

だんだん畑が広がって行く…。

さて、明日からお天気予報では雨マークが続いてる。
鉢植えぐらいなら、できるかなぁ。




おまけ
ここ何日か毎日我が家を訪れているシオカラトンボ君!
車のアンテナがお気に入りのよう。
c0353953_22404116.png










[PR]
by shiro-tsubaki | 2015-06-25 22:44 | 里山暮らし | Comments(2)
「生まれた時から私、アスパラやってます!」
24日(水)、晴れ。

昨夜は、夕食後、眠気に勝てず寝てしまって、夜中に目覚めて、さて、ブログ更新!っと
ブログを開けると…、あれっ!?ロデオ!? ということで、
今夜もものすごい眠気に襲われているけれど、負けない。

昨日に引き続き、今日も畑仕事。
午前中に、まず、水菜の2回目の間引きを決行。
c0353953_23384948.png
またまた、"スプラウト水菜"がボール一杯に。

そして、裏山の畑にかぶの種を蒔く。
人参畑の横に畝を作り、そこへ3条、条播き。
c0353953_23355953.png
なんかね、昨日植え替えた人参、元気がないんだな…。心配だけど、お天道様に任すしかないよね。

この茶色の畑の横に、緑の畑がある。
そう、*ここクリック→ 不耕起栽培の実験場!
2週間ほど前、条播きしたアスパラの芽を発見!

アスパラの芽ってご存知?
「生まれた時から私、アスパラやってます!」って感じなの。

真ん中の細い棒と、左下のちょと葉っぱの後ろになってるちっこい棒ね。
c0353953_23464015.png
めでたく芽が出たけど、さて、このあとは如何相成りますでしょうか?

今日の収穫。
c0353953_23522078.png
I's farm  ナス 3 ピーマン 2

My farm キュウリ 3 ピーマン 2 ししとう 2

これらの野菜を使って今夜のお夕食は…
c0353953_23534093.png
大変美味しくいただきました。






[PR]
by shiro-tsubaki | 2015-06-24 23:33 | 里山暮らし | Comments(0)
ロデオ
23日 晴れ時よりポツポツ。
c0353953_23571291.png
人参↑

大家さんがさつまいもを植えたいが仕事が忙しくて時期を逃しそうだといっていた畑に、さつまいもを植えたり、ポットで種から育てた人参の苗を植えたりと忙しかった所為で、もう寝てしまった相方に変わってブログを書いているのは、夫のほうです。

梅雨明けの椿茶屋オープンをめざして、いろいろと動きはありますが、まずは椿茶屋テラスを整備しようと考えていて、椿茶屋の向いにある玉露園休耕地を整地するべく、大家さんのミニユンボを駆って一汗流しました。

ミニユンボ実は初体験、なんだか馬、いやロバな感じで楽しい。馬もロバも未経験ですが、たぶん轍をこえるときの傾きかたのそれは馬です.たぶん。
c0353953_23582830.png
ユンボ

西部開拓。大草原の小さな家。インガルスさんの気分な一日でした。





[PR]
by shiro-tsubaki | 2015-06-23 23:59 | 椿茶屋 | Comments(0)
トマト
22日(月)、晴れのち曇り。

今日はトマトのこと。

先週の金曜日、前日から雨が降ったりやんだりのお天気の日。
畑に植えっぱなしになって、ジャングルの密林のようになっていた2本のトマトの木に異変がおきた。
伸び放題していたので、トマトの重さで支柱にしていた細い若竹が支えられなくなり、倒壊してしまったのだ。

早朝にその状態を発見。

初めてのトマト栽培で要領が分からず、剪定を怠っていた報いが顕在化したんだけど…、ご近所のYさんに、「若竹は性がないから、秋の竹じゃないとダメだよ。」っと言われていたのを思い出す。
何本かの枝を払い、主枝を際立たせて、スッキリとさせた。

今日のトマト↓
c0353953_01092842.png
実が見えない位に枝が混み合っていたから、トマトの実がこんなに付いているとは…。
1本の木から、いくつトマトが成るのかな?
赤く色付くのを楽しみに待つことにしよう。

トマトって、こうして自分で育てるまで、トマトの木のことには、全く考えたこともなかったのだけど…、
黄色の可憐な花をつけ、葉っぱの香りは、ハープの種類にいれたい!っと思えるほどに強い香気を放つんだよね。
ご存知でしたでしょうか?

さわやかなトマトの木の香り。

心が穏やかになる、そんな匂い。

トマトのことが少し分かってきたかなぁ?


おまけ
c0353953_01315601.png









[PR]
by shiro-tsubaki | 2015-06-22 23:50 | Comments(0)
スプーン & 父の日
21日(日)、雨のち晴れ。

昨日、可愛い猫のメンディングテープで縁取られた封筒が届いた。
封を開けると、お手紙と一緒に、陶器のスプーンが入っている。
c0353953_23421465.png
今年の3月までお世話になった方からのプレゼント。
東京都の老人施設で働いているその人は、とっても心配りの出来る優しい方。

手紙には、
「…なんてことない物なのですが、ヨーグルトやアイスクリームを頂くときに、唇に触れる感じが絶妙で他のスプーンに戻れなくなりました。是非、手作りのヨーグルトを食べるときに使ってみてください。」とある。

早速、今朝リンゴとバナナに玄米乳酸菌の豆乳ヨーグルトをかけて、このスプーンでいただいた。
c0353953_00081696.png
な〜るほど…、何と言うか、口からスプーンを引き抜く時の滑らかさがとても気持ちがよい。
金属のように冷たくないので、食べているものの本来の味がよりわかるよう。
大切に使わせていただきます。

一日、雨模様なので、午前中は買い物に出かけた。
今日は6月第3日曜日の父の日。

ジャガイモ好きの、夫のお父様のために、コロッケとフライドポテト2種、それにステーキを焼いた。
c0353953_00155683.png
箱に詰められた緑の葉っぱたちは、皆、我が家の畑で採れたもの。
まだまだ脇役の野菜だけれど、自分で育てたものを届けられる幸せは格別。
ただ買ってきたものを調理して並べるのではない、喜びがある。

夕刻、雨があがり、明るくなった。
c0353953_00372651.png
明日は晴れるだろうか?
また新しい一週間が始まる。
人とのつながりを大切に、畑に向かおう。







[PR]
by shiro-tsubaki | 2015-06-21 23:36 | 里山暮らし | Comments(0)



椿の里に暮らす
by shiro-tsubaki
カテゴリ
全体
移住準備
里山暮らし
椿茶屋
改修
お茶仕事
デザインのこと
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
最新の記事
お内裏様は右側?左側?
at 2017-03-03 22:25
岡部宿散歩
at 2017-02-12 21:53
紅梅と月
at 2017-02-02 21:32
風花
at 2017-01-14 22:13
満月の次の夜
at 2017-01-13 21:42
椿のシーズンが来ました。
at 2017-01-11 17:45
白菜
at 2017-01-10 22:56
野掛け・椿茶屋 閉店のお知らせ
at 2017-01-04 15:06
年内お休み
at 2016-12-25 17:59
営業許可の電話がありました
at 2016-12-17 21:02
保健所の施設調査が完了!
at 2016-12-15 20:13
単管で棚作り
at 2016-12-14 18:41
鍼灸院
at 2016-12-13 19:27
ぶどうの蔓
at 2016-12-12 17:52
お澄ましヴィヴィちゃん
at 2016-12-11 23:19
クリスマスアレンジ
at 2016-12-10 18:50
お金より命
at 2016-12-09 20:37
長ーい物 リンゴ飴
at 2016-12-08 17:05
おでん旗
at 2016-12-07 17:58
多肉植物のクリスマスアレンジ
at 2016-12-06 19:00
検索
最新のコメント
もうこのブログは見ていら..
by cyanagitani at 02:19
成る程。 我家の仏壇で..
by masaaki at 12:57
> masaakiさん ..
by shiro-tsubaki at 07:55
相米 慎二監督の風花って..
by masaaki at 12:37
なんと立派な白菜。うらや..
by cyanagitani at 03:01
早めに営業終了ですね。 ..
by masaaki at 22:33
イブですね。静岡に向かっ..
by ムギママ at 09:57
営業許可取得おめでとうご..
by たがやすべえ at 19:32
> ゴン太ままさん な..
by shiro-tsubaki at 23:34
> ムギママさん あり..
by shiro-tsubaki at 23:33
外部リンク
お気に入りブログ